何故最短でとれるのか?|格安格安合宿免許でドライバーの資格を得る【合宿免許の醍醐味】

だから最短で取得できるのか!合宿免許に人が集まる理由が判明

何故最短でとれるのか?

メンズ

法令に基づいている

普通のカリキュラムは、技能教習で10時限以上(ATは12時限)、学科も同じく10時限ほどで、技能教習に入ると20時限、学科も15時限を超えます。法令が絡むと、技能教習が受けられる一日の時限数は、第一段階で1時限から2時限、二段階は最高で4時限となっています。とは言え、ここは法令に従うしかないので原則として、3時限連続での教習は行いません。この法令を当てはめると、AT車の場合は最短で15日、MT車は17日で卒業できることになります。ただ、学科試験や技能試験を受ける日時が予め決められている教習所は、日数を長めに取る傾向にあるので、二週間以上はかかるかもしれません。さらに夏休みや春休みを利用して合宿免許に参加する人もいますから、混雑を避けるためにあえて時期を長めに設定するケースもあります。

カリキュラム内容に無駄がない

最短ということで、通学より猛スピードでの取得になりますからカリキュラム内容は当然パツパツ状態です。一日中教習所にいることも普通でしょう。技能教習と学科教習を同時に受けるので、通学するよりは効率がいいといえます。ただ、ネットで紹介されているスケジュールは悪魔で例です。各教習所によって営業時間が異なりますし、混雑している場合はスケジュールが予定通りに進まない可能性もあります。こればかりは入校しないとわかりませんが、頑張れば最短で卒業できることは確かです。

スケジュール管理に気を付けよう

合宿免許で最短取得の広告に魅了され、就職活動のために多くの人が入校します。しかし、スケジュール調整をしないまま参加したため、思い通りに勉強ができず退校させられる方もおります。スケジュールに余裕を持たせることでこのような事態を避けられますから、くれぐれも注意しましょう。

広告募集中